男の人と女の人

リブランディングを取り入れるメリットとは

自社ブランドを見直そう

男の人

特徴と具体的な方法

既にあるブランドを見直し、再構築することをリブランディングと言います。会社によっては、そもそもブランドは持っていない、と考える場合があるかもしれませんが、顧客にとっては何らかの形でブランドイメージを持っているものです。そのような曖昧なブランドを見直し、具体的なブランドを構築することもリブランディングの範疇になります。ブランドとは会社の経営理念が反映されたものであると同時に、商品力を高めるもの、そして顧客からの信頼を築くものです。そのため、頻繁にブランドを変えることは望ましいとは言えませんが、ブランドが曖昧になっている状態が続くことも問題です。今後、厳しい競争を生き抜く中で、明確なブランドは差別化にも役に立つことでしょう。それでは、リブランディングを行うためには具体的にどのようにすればよいのでしょうか。まずは会社をどのようにしていきたいのか、また顧客からどのようなイメージを持ってもらいたいのかを明確にすることが大切です。そのためにも社内でしっかりと話し合い、認識を一致させましょう。会社の方向性が定まっていれば、後はブランドは自然と湧き出てくるものです。ブランドが明確になれば、それを商品に反映させたり、ブログなどを使って積極的に情報発信を行います。もしどうしてもリブランディングが上手くいかないという場合はコンサルティングなどの業者の力を借りると良いでしょう。リブランディングはマーケティングの1つなので、マーケティングに詳しい専門家の意見が大いに参考になるはずです。

企業ブランドの構築

広告

広告には商品広告と企業広告の2種類があり、PR広告とも呼ばれる後者は企業のブランドイメージ構築が目的です。既存媒体に掲載される例の多い企業広告は、インターネット広告のノウハウを持たない企業でも活用できます。企業ブランドを確立して社会的信頼性を獲得するブランディングの手法としても企業広告は有効です。

媒体を選ぶ時代

広告

不動産広告の手法はポスティングが一般的になっています。不動産広告はファミリー向けの賃貸世帯をターゲットにしています。そのため、費用対効果を考慮するとポスティングが最も効果的なのです。そのため、主流になっているのです。

ブランドイメージが支える

婦人

今企業が大事にしているポイントの一つにブランディングがあります。これはブランドイメージを確立させることで商品に対する価値を高める方法です。市場の激化による価格競争に飲まれないための唯一の手段でもあります。