女性

リブランディングを取り入れるメリットとは

企業ブランドの構築

広告

ブランディングの一手法

新聞や雑誌に掲載される広告やテレビ・ラジオで流されるCMの多くは特定商品の宣伝が目的ですが、中にはそうでない例も見かけます。それらの商品広告に対して、企業そのものの宣伝を目的とするPR広告は企業広告とも呼ばれています。企業の経営方針や技術力・歴史などをPRする企業広告によってその企業の認知度が向上し、商品の売上が伸びたという例も少なくありません。社会的貢献度や先進的研究・施設をPRする内容の企業広告はその企業の社会的信頼性にも大きく寄与するため、金融機関や株式市場の高評価にもつながるのです。最近では商品広告の多くがインターネットに舞台を移していますが、ネット広告で安定的に成果を出していくためにはある程度のノウハウも必要です。そうしたノウハウを持たない企業でも、企業広告ならテレビや新聞・雑誌といった従来型の媒体でも高い効果が期待できます。新聞に掲載される企業広告は社会的信頼性の向上に役立ち、テレビCMは認知度アップの手段として最も効果的なのです。何らかの分野に特化した雑誌に関連企業が企業広告を掲載すれば、雑誌高読者層のターゲティングによる費用対効果も高くなります。企業広告は企業のブランディング戦略の一環としても多く実施されており、従来のマーケティング戦略では避けられなかった価格競争からの脱却を可能にしています。企業ブランドが確立されていればその企業の商品を価格に関わらず選択する消費者が増え、業界内での競争力は著しく強化されるものです。このような企業のブランドイメージを構築するためには、ある程度長期的な戦略に基づく広告・宣伝活動が欠かせません。企業広告の活用はそのための一手法と位置づけられており、継続的な実施によって効果がさらに高まります。企業広告によって企業の認知度と信頼性が向上すれば商品の個別広告にもプラスに作用し、消費者心理に基づく相乗効果を生み出すのです。